これからのお葬式のかたちとしての家族葬や1日葬

新しいかたちの家族葬や1日葬

新しいかたちの家族葬や1日葬 通常のお葬式を考えると、通夜と告別式があり2日間はかかります。暦によってはもっと時間がかかることになるでしょう。これが大きなネックになってくる時があります。お葬式を行うとなれば、体力的にも精神的にも負担は小さくありません。大きなお葬式にするというのは、ひとつのかたちとして間違いはありません。ですが、なにも大きくするだけが故人を送り出すことになるわけではありません。コンパクトな家族葬として送り出すということは、すでに認知されてきています。また、1日葬にするというのもひとつの方法です。

1日葬とは、通夜を行わずに火葬と告別式を1日で行う方法です。従来型のお葬式とは異なる方法で1日に集約していることから、一般のお葬式と比べて費用も抑えることができます。1日で終わりにする方法として、火葬のみを行うというケースもありました。しかし、お葬式のかたちとして、周囲から理解が得られないといった問題もありました。火葬のみを行うのでは、悲しみに浸る暇もなくきちんとお別れできないといった問題がありました。そこで、通夜だけを省略した1日葬といったかたちが増えてきました。

1日葬にすることで、時間の負担は大幅に軽減できるようになります。これもメリットのひとつです。お葬式となると、多くの人の時間を拘束することになります。お葬式を取り仕切る側の時間もありますが、参列する人の時間も拘束していくことになるのが問題点です。体力的な負担も大きくなることを考えれば、これはお葬式のデメリットとも考えられます。高齢化社会が加速している現状を考えると、時間の消費は致命的な問題になってしまうことも出てきます。遠方から来られる方のことを考えても、2日間のお葬式はさまざまな負担を増やすことになるでしょう。現代の社会事情だけではなく、現実的なことを考えれば、対策も考えていかなければいけないことは確かです。

現在では従来から行われている一般的なお葬式のかたちにこだわらないという方も増えてきました。家族葬もその中のひとつですが、宗教的なことにもとらわれず、もっと自由にお葬式を選択していくというのも重要になってきています。従来の形式に疑問を持っていた方や、宗教的な縛りがない場合の選択としても1日葬は考えられるようになり、これからのお葬式のかたちとして定着していくでしょう。家族葬が一般的に知られてきたように、これからは1日葬も一般的となると考えられます。

お知らせ

  • [2018年09月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年09月19日]
    運営者情報を追加しました。