1日葬や家族葬のメリットとデメリット

1日葬や家族葬は、現代のお葬式として認知もされてくるようになりました。しかし、だれもが知っているというわけでもありませんし、理解されるとは限らない部分も持っています。デメリットもあるということは、メリットを生かすためにも理解しておかなければいけないところになるでしょう。

デメリットは、メリットの裏返しですが、1日しか時間を取ることができない点です。家族葬の場合では、いろいろとかたちがあるため、家族で悲しみやお別れの時間を作ることができます。ところが、1日葬にすると、仕事や学校があったりすれば、お別れをする時間が無くなってしまうことが問題です。参列者への影響が出てくるようになるため、家族葬と組み合わせて参列者を身内だけなどに限定してしまうことも必要です。限定してしまうことによって、時間の都合もつけやすくなるため、お別れの時間もとれるようになります。

新しいスタイルであることは間違いなく、多くの人が理解しているとは限らないことによって、反対されることが出てきます。家族葬のように、完全に限定してしまうことで回避できる部分もありますが、お寺などに反対されると、非常にやりにくいことも出てくるでしょう。通夜と告別式の流れが重要視される仏式では、特に反対される可能性が高まります。理解してもらわなければ、お坊さんに来ていただけないといったことも起きてしまうため、しっかりと話をすることが重要です。参列者に関しても、理解できないといった人が出てくる可能性も出てきます。家族や身内だけで行うといった家族葬であることを伝えて、さらに1日葬にするといったことも必要です。

費用を削減できるようでも、実はそこまで減らすことができないといったことも出てきます。前日の準備に会場が必要になると、1日葬にしても費用はそこまで変わってきません。それでも体力的にも精神的にも負担を軽減できることは確かでしょう。葬儀社との打ち合わせも大切になってきますので、しっかりとした段取りを取っていくことが大切です。