負担の軽減ができる家族葬と1日葬

現実的な問題を考えた場合、お葬式の費用は驚くほどの金額になってきます。香典でまかなえると考えることもできますが、確実なわけではありません。あくまでも概算でしか得られることができない部分でしょう。費用面を考え、家族葬で対応するといったことも出てきました。家族葬の場合には、参列者を自分たちで決めることが基本となってくるため、規模を抑えることができます。家族や身内などに参列を限定するため、好きなお葬式のかたちにするための理解を得られやすいという利点も存在します。

1日葬の場合にも同様で、費用は格段に抑えられるようになります。通夜を行わないことによって、スケジュールは1日減ることになります。通夜のための会場も用意する必要がありませんし、通夜振る舞いの料理もいりません。不確定要素として考えていかなければいけない通夜の返礼品も準備する必要がなくなります。自分たちの負担を大幅に軽減できるようになることは、大きな意味を持つようになるでしょう。費用の軽減ができることは、深い悲しみの中でも大きな意味があります。どんなかたちであれ、お葬式に多くの費用が必要になることを考えれば、大切な人を亡くした悲しみに暮れる中で、少しでも遺族の負担を軽減できる1日葬を選択肢の一つとして選ぶ人もいます。1日葬にすることでお葬式に係るすべてが1日で済むようになります。経済的にもスケジュール的にも負担の軽減ができるスタイルは、今後のお葬式のかたちとして浸透していくでしょう。

通夜を行わないかたちになることで、準備が整い次第お葬式に移ることになります。初七日法要も行いますが、この辺りは通常のお葬式の流れと変わりません。地域によって違いがありますが、事前に確認しておけば問題はないでしょう。家族葬として執り行えば、あらかじめお葬式に参列する人数も把握できるため、食事の準備も少なすぎたり余りが出たりすることがありません。お葬式のスタイルも自由に選択できるようになることを考えると、選択の幅は大きくなるといえます。